アリスに捧げる花冠。

   好きな時に好きなものを好きなだけ!

As you like, All thing in the world is yours...

多分今年も無理だと思うけど。

 燃えよドラゴンズ聞きました。

 順位見てるとなんか難しそうだねー。

 根っからの中日ファンというわけじゃないのでなんとも言いませんが、応援歌は燃えドラが一番熱くて好きです。

 

 ただ今年はどの球団も一周回ってドキドキする展開が多くて困る。

 なんですか?13連敗しても、2位なら余裕で狙える球団とか。うっかり20連敗仕掛けた球団が2つもあるとか…。

 もうね、怪我人も多いし狸脱ぎ過ぎだし色々心配になる。

 かと思えば安定して強い広島怖い。

 

 しばらくロッテとオリックスの試合ばっかり見てたけど、藤浪君帰って来るまで阪神応援しようかな。大谷君も一軍復帰したしお兄さん頑張れ。

 ところで今阪神2位なんですね。交流戦で稼いだか。

 セ・パそれぞれ10連敗以上しても4位の球団あるし、今年もよくわからんです。

 とりあえずロッテの新マスコットがすごく気になる。

あめあめふれふれ。

「雨に唄えば 映画」の画像検索結果

 って言うと「もっと降れ」って続けたくなる。普通は「母さんが」って言うんだろうけどね。

 所で誰か私のいい人連れてきてくれないか?

 

 天気予報見てたんだけど、また天気崩れるらしいですねー。

 雨、といえば。

 この前ネサフしてて見つけたんですけど、欲しい傘がある。

 折りたたみ式で、色の企画は白と黒。

 一面にぐるりと楽譜が引いてあって、それが雨に唄えばの譜面になってる。

 すごく……私好みです。

 

 あの傘があればきっと雨の日もごきげんだわ。タップダンス踊りだせるくらいに。ただその傘骨が弱いらしいから振り回したら壊れそう。

 その話をお店でしたら私より上の人は笑ってくれたんだけど、下の子達は映画そのものを知らなかったりでいまいちだった……。

 そっか、皆あの映画知らんのか……。

 デパートとかでも雨が降り出したら流れると思うんだけど、やっぱ興味がないと知らないもんなのね。

 

 あの映画で一番有名なのは言わずもがな、雨の中でジーン・ケリーが歌うあのシーンだけど、個人的にはセットの脚立に登りながら歌うあのシーンも好きです。

 間にあるのは脚立なのにまるでロミオとジュリエットみたいに見えるのがすごい。間にあるのは脚立なのに。

 役者ってすごいね。歌ってすごいね。

 是非後輩ちゃん達にも見て欲しいわ。

緑の超人

関連画像

 

 

 インクレディブル・ハルク見たよー。

 アイアンマンに続いてハルクを視聴。

 正直ハルクって映画見るまで超人、ムキムキ、パワータイプ。ってふわっとすぎるイメージしかなかったです、はい。

 アメコミヒーローの中の、パワータイプ枠。みたいな。

 まぁ別に脳筋枠ってわけではなかったんですが。

 

 公開順。

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク](2008年)
アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
アベンジャーズ』(2012年

)『アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)『アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3 / ソー: ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』(2018年公開予定
)『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)

アントマン2 / アントマン & ザ・ワスプ』(2018年公開予定)
『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
アベンジャーズ4』(2019年公開予定)

 

 簡単なあらすじ

 ブルース・バナー博士は軍の科学実験で放射能を浴び、その副作用で興奮すると身体が緑化し巨人化し「ハルク」に変身してしまう能力が備わってしまう。

 暴走する能力に危機感を覚え、体を元に戻す研究をしながらブルースはその能力を軍事利用しようと考えた恋人の父、ロス将軍率いる軍隊から身を隠しながら暮らしていた。

 協力者を得、科学的な透析で元の身体に戻ったと思われたが、ブルースの能力に魅せられたブロンスキーによって極悪性を秘めた第二の「ハルク」が生まれてしまった。

 

 感想。

 予告編をYouTubeで見てるときも思ったんですが、常人を超えた体型の存在が都会のビルの上を飛んだり跳ねたりするってなんかキングコング思い出す。

 戦闘シーンも普通に面白かったですよ。大振りな動きが圧倒的なパワーでねじ伏せてますって言う感じで。

 アイアンマンのトニーとはまた違った理由でブルースが戦いに身を投じるのも一つも魅力です。

 大切なたった一人の為に。ってのも良いよね。ハルクになっちゃうから恋人に手も出せないけど。

 トニーといえば。ラストに彼が登場します。

 ロス将軍に向かって「我々は仲間を集めている」的な事を言ってましたけど。「我々」ってことはつまりそういう事ですよね。アイアンマンのラストで勧誘されてましたし。

 

横浜は黄昏の枕詞。

 ちょっと時間が開いちゃったけど普通に元気です。

 

 今日突然店の方に兄がやってきた。

 丁度レジに入ってたんでレジ打ちしながら少し話してたんですが、なんか一人で横浜行くらしい。

 

 あれか。DeNAか。お前ロッテファンだろ。

 

 とかなんとか思いつつ、仕事用の靴下を買ってった兄を見送りながら取り敢えず頭の中で響き出した五木ひろしの歌声をどうしようか考えた。

 

 横浜って黄昏の枕詞だと思うんだ、飛ぶ鳥明日香みたいな。あ、因みに長崎は今日も雨だったの接頭語な。

 

 とまぁ。頭の中はおかしいですが、今日も元気です。

 

デカイ玉ねぎ貰った。

 知り合いから玉ねぎもらいました~。

 淡路島たまねぎって種類の奴です。すごく柔らかくて甘いらしい。

 ただ問題があるとすれば、家にまだいつも買ってる玉ねぎが5玉程残ってること…。

 どうしようwあれば食べるけどそこまで好きってわけじゃないから悩むw

 

 なんか手頃な玉ねぎ使ったレシピないですかね?

 ただ私も母もあんまり料理得意な方じゃないから美味しく作れるかどうかは別問題。

 基本的な味付けは醤油と砂糖とみりんばっかり。お酢とか酢の物する時と三杯酢作る時くらいしか使わなかったりする…。

 オリーブオイル?何それどう使うの?くらいなレベル。

 モコズキッチンに出てくる野菜は基本うちににはない。ズッキーニもルッコラもあるわけない。

 そっち買うならお肉良いの買おうぜな家計。別にもこみちに対してなにかあるわけではない。

 

 まあとりあえず、しばらくは玉ねぎ尽くしかな。

不人気の色ってあるよね。

 うちの家は三兄弟でして、小学校の時に使ってた色鉛筆や絵の具とかが三人分ちょっとずつ残ってる。

 絵の具は後片付けが面倒だからそんなに使わないんだけど、色鉛筆は嵩張らないように袋にまとめて入れちょこちょこ使ってる。

 で、この前色鉛筆の芯を削ってて思ったんだけど。なんか知らんが緑色が残りまくってる…。なんなん?皆緑嫌いなん…?

 

 とまぁ、緑が大量にあったので緑色で何か描こうと思ったんですが。思ったまでは良かったんですが。

 なんか緑色と言われて一瞬コイツしか浮かばなかった。

 

f:id:good-bye-alicexxx:20170522160311j:image

 

 なんで恐竜Dioにしたんだ自分…。7部も好きだけどね。

 なんかほらもっと、ピッコロさんとかC.Cとかおったやん?確かに全体的に緑だけど、服がメロンっぽくなってて辛い…。

 もっと髪の毛柔らかく描いても良かった気がする。あと胸板はもうちょい薄くして腰しっかりさせればよかった。ついでにオレンジか茶色も少し強くした方がメリハリあるかも。

 まぁ緑色使う事が目的だったしいいか…。

 ジョジョ繋がりで今度天国DIO練習しよ。

 

らせん階段  カブト虫 廃墟の街 イチジクのタルト カブト虫…

村は死によって包囲されている。

f:id:good-bye-alicexxx:20170530101257j:plain

 

 毎年の事なんだけど、暑くなってきたら読みたくなる本がある。

 小野不由美の「屍鬼」という小説。

 小野不由美と言えば十二国記とかゴーストハントのシリーズで知ってる人もいると思う。

 かくいう「屍鬼」も2007年に藤崎竜作画でコミカライズされ2010年にはアニメも放送してました。そうか、あれ漫画始まったのもう10年前なのか…。

 フジリューといえばヤンジャン田中芳樹銀河英雄伝説書いてますね。相変わらず原作ありきはぶっ飛んでますが、ベーネミュンデの服はフジリュー節利いてて好きです。

 まあそれは置いておいて。

 

 吸血鬼物のホラーに見せかけた群像劇です。

 呪われた町をオマージュしてて、村がどんどん吸血鬼に襲われそれに対してどう村人が応戦していくかという話。

 原因不明のままに次々と死んでいく村人。そこへ引っ越してきた謎の一家。事態に違和感を抱く者と、それを否定する者。

 村に伝わる「起き上がり」という伝承。

 

 話の中核となるのは医者である尾崎敏夫と寺の住職である室井静信。そして1年前に村に引っ越してきた結城夏野という少年。

 序盤の話を引っ張るのはこの夏野という少年で、彼を引き継ぐような形で尾崎と室井が確信に迫り、それぞれの選択をしていくという流れ。

 村人の心境だとか背景が細やかに描写されててすごく面白い。

 異常事態に抗おうとする人達の現界に近い精神状態とか、オカルト染みた事態を有り得ないと必死に言い聞かせてる人達とか。あと村を襲う吸血鬼が完全な悪として書かれていないのもこの小説の特徴かと。

 

 敵にも理由があったとか、主人公格が相手に同情するというのは話として結構あると思うし、実際この小説内でも室井さんが吸血鬼、この小説で言う屍鬼である少女に同情している描写もある。

 屍鬼という存在は悪ではない。けれどけして人とは相容れない存在である。

 先に村人の事を書いたけど、この屍鬼達の心理描写も結構書かれてる。屍鬼という力に溺れた者や、屍鬼になってしまった女の葛藤。それから屍鬼である少女の願い。

 屍鬼の少女も被害だったと、彼女に仕える人狼は言うけれど。屍鬼が悪ではないと言うように、村人が正義という訳ではないし、逆もまた然り。

 被害者が加害者に回り、加害者が被害者に回る。被害者は誰で、加害者は誰か。

 

 多分この話は一つの村が閉じるまでの群像劇なんだと思う。

 屍鬼という亡者ではあれど、元は人間で。一つの村に住む人達の葛藤や弱さ、決断を描いた話なんだ。

 勿論。死んだ人間が蘇るとか、村全体が集団ヒステリーを起こしたような展開になるとか言うのは十分オカルトでホラーなわけですが。

 

 漫画もアニメも原作も微妙に違う。

 原作じゃ夏野君は人狼にならないし、律っちゃんと徹ちゃんは面識がない。無論桐敷の旦那はGACKTじゃない。

 ただ初見は原作より漫画の方がわかりやすいかも知れない。登場人物がすごく多いから文字じゃどれが誰だかわからなくなる。

 その点フジリュー版は名前がわからなくても描き分けがすごいから人物把握するのにはいいと思う。名前わからなくてもキャラデザが特徴的だからああこの人か、ってなる。よくあそこまで描き分けたよなぁ…。

 あ、ウミガメのスープをさらっとぶっこんで来た時はどう捉えるのが正解なのか悩んだ。

 

 ただ可能なら原作も是非読んで欲しい。

 祭事についてや村の地形とか。細かい部分まで作り込んでて、何より中盤からラストに向けての疾走感がいい。

 夏野くんの疑念とか尾崎先生が一人で戦い始める所とか室井さんの葛藤とか。どんどんページを捲りたくなる。

 

 尾崎と室井さんがそれぞれ「若先生」と「若御院」なんて呼ばれてるのが個人的なツボです。

 二人は幼馴染で仲は良好ではあるけど、色んな所が正反対。若先生は憎まれ口は叩くしTシャツにジーンスの上から白衣を羽織るような不良医師なのに対し、若御院は悲観的になりやすく頑固な一面もあるけど穏やかな気質。対比になってるのが面白い。

 夏野君は夏野君で、ちょっと冷静すぎる所はあるけどだからこそ原作での夏野くん自体の影響力の小ささとかが目についてくる。冷静で村に起こっている異常に気が付いているにも関わらず、無力な存在。そのあたりがやっぱり彼も16なんだなと思う。

 

 私は若先生が好きだからついその視点で見ちゃうけど、若御院や夏野君。その他にも魅力的な登場人物はたくさんいて、どこにスポットを当てても十分楽しめると思う。

 物語は7月の後半から11月にかけての話。

 良ければこれからどんどん高くなってくる気温と、冷房によって反比例みたいに下がって行く室内温度のお供に一冊どうぞ。

 

f:id:good-bye-alicexxx:20170530101538j:plain

In the east my pleasure lies...