アリスに捧げる花冠。

   好きな時に好きなものを好きなだけ!

As you like, All thing in the world is yours...

なんか一人だけ世界観違う。

「マイティ・ソー 」の画像検索結果

 

 

宇宙規模神話大系。

 マーベル見始めて四作目にして一瞬手が止まった映画。

 神話がモデルで他のアベンジャーズと世界観が微妙に違うのは置いておくとして、タイトルが壮大なネタバレだなと。

 読み方変えてるだけで普通にトールだし北欧神話だし、北欧神話って言えば黒幕はきっとアイツだろうし……まぁめちゃくちゃおもしろかったんだけどね!!

 

公開順。

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク](2008年)
アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
アベンジャーズ』(2012年)

アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3 / ソー: ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』(2018年公開予定
)『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)

アントマン2 / アントマン & ザ・ワスプ』(2018年公開予定)
『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
アベンジャーズ4』(2019年公開予定)

 

 簡単なあらすじ。

 ソーはその傲慢な性格から父であり神界の王、オーディンによって人間界に追放されてしまう。

  天文物理学者であるジェーン達に保護されたソーは国家組織S.H.I.E.L.D.によって回収された自身の武器、ムジョルニア取り返す事を試みる。

 一方神界では自身の出自を知ったロキはある計画を実行するために動き出していた。

 

 感想。

 なんか普通に見入ってた。それぞれキャラが立ってて面白かったですよ。

 ソーはちょっと自信過剰な所もあったけどジェーン達と出会ってちょっとずつ変わっていく様子とか、どことなく小物臭いロキとか。

 あと振り回せば空も飛べちゃうムニョムニョすげぇ。

 ただ思ったのはソーの話、って言うよりアベンジャーズシリーズの裏側とでも言うのかS.H.I.E.L.D.の存在について少しだけ触れた話。って感じだった。

 アイアンマンの話でトニーを勧誘し、ハルクでもエンドロール後のエピソードでトニー自身もそのメンバーに属してるような振る舞いをしてみせた。

 その後のこれ。

 こういうことやってる組織ですよ~ていうのがほんのりわかって来ましたね。

 そしてラスト。セルビク博士の後ろからコズミックキューブを覗き込むロキ。ああ、間違いなくもうひと波乱ありますねこれは……。

 所であのシーン、博士とロキが全くおんなじこと言ってるとことはロキが博士に取り付いてるってこと?

 それとも作中でムニョムニョを持ち上げようとしてた時みたいに周りに気付かれない用にしてただけって事?

 この辺ソーが再登場するアベンジャーズで分かるんですかね?

ロートと近江の違いについて述べよ。


f:id:good-bye-alicexxx:20170708214333j:image

 

 買ったもの。

 クーピー柄のペーパーファンデ、最近噂のデオドラントジェル、メンソレータムのアクネス25。

 

 ペーパーファンデは見た目で買った。

 小さいからカバンの中に放り込んでても嵩張らないし結構便利です。何よりかわいい。

 最近よく文房具とのコラボ商品をよく見ます。クーピーとかサクラクレパスとか。

 

 アクネスの方は最近ちょっと背中ニキビが気になりまして……。

 ただね。背中って自分じゃ見えないじゃん?

 だから弟に向かって「背中貸して」って言ってアクネス向けたら「手頃な所で人体実験するな」って怒られました。

 そっか……やっぱだめか。

鉄、なめんなよ。

 

関連画像

 アイアンマンの2。

 見ました。

 わかってたけど、わかってたけどやっぱりダウニーがかっこいい。

 色んなお洋服のダウニーがいてファッションショーみたいで別の意味で面白かったですw

 

 公開順。

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク](2008年)
アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
アベンジャーズ』(2012年

アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3 / ソー: ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』(2018年公開予定
)『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)

アントマン2 / アントマン & ザ・ワスプ』(2018年公開予定)
『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
アベンジャーズ4』(2019年公開予定)

 

 簡単なあらすじ。

 トニーは自身がアイアンマンであると公表してから精力的にテロ組織と戦い、パワードスーツの性能が政府の目に留まるようになった。

 その傍らでトニーの父の元で働いていた一人の男が死を遂げた。「もう少し早ければお前がトニーになるはずだった」男の遺言を聞き、その息子はトニーに復讐する事を決める。

 一方トニーは自身の体を救うために作ったリアクターに体を蝕まれる事になり、その解決策を見出だせずにいた。

 

 感想。

 個人的に好きなのはトニーが父のエキスポのプロモーション映像を見てるシーン。

 NGの中で写り込んだ小さなトニーとか、カメラ越しにトニーに語りかけるハワードとか。受け継がれて、繋がって行く。って感じでなんとなく印象深かったです。

 アクションは……すごいのはすごかったんですけど、なんかハラハラ感が足りなかった気がする。やっぱあれかな。ローディが一緒に戦ってくれてたからかな。

 あ、ブラック・ウィドウは普通に素敵でした。なんやこのカッコイイお姉様わと思った。

 所であのアイアンマンのマスクをした子供が幼いころのスパイダーマンだって話はよく聞きますが。ウォーマシンに向かって掌をかざした子供に「お見事」って言うトニーかわいいです。

 まぁ、ドーナツ食べながらふてくされてるシーンも良いんですけどね。

 

 

多分今年も無理だと思うけど。

 燃えよドラゴンズ聞きました。

 順位見てるとなんか難しそうだねー。

 根っからの中日ファンというわけじゃないのでなんとも言いませんが、応援歌は燃えドラが一番熱くて好きです。

 

 ただ今年はどの球団も一周回ってドキドキする展開が多くて困る。

 なんですか?13連敗しても、2位なら余裕で狙える球団とか。うっかり20連敗仕掛けた球団が2つもあるとか…。

 もうね、怪我人も多いし狸脱ぎ過ぎだし色々心配になる。

 かと思えば安定して強い広島怖い。

 

 しばらくロッテとオリックスの試合ばっかり見てたけど、藤浪君帰って来るまで阪神応援しようかな。大谷君も一軍復帰したしお兄さん頑張れ。

 ところで今阪神2位なんですね。交流戦で稼いだか。

 セ・パそれぞれ10連敗以上しても4位の球団あるし、今年もよくわからんです。

 とりあえずロッテの新マスコットがすごく気になる。

あめあめふれふれ。

「雨に唄えば 映画」の画像検索結果

 って言うと「もっと降れ」って続けたくなる。普通は「母さんが」って言うんだろうけどね。

 所で誰か私のいい人連れてきてくれないか?

 

 天気予報見てたんだけど、また天気崩れるらしいですねー。

 雨、といえば。

 この前ネサフしてて見つけたんですけど、欲しい傘がある。

 折りたたみ式で、色の企画は白と黒。

 一面にぐるりと楽譜が引いてあって、それが雨に唄えばの譜面になってる。

 すごく……私好みです。

 

 あの傘があればきっと雨の日もごきげんだわ。タップダンス踊りだせるくらいに。ただその傘骨が弱いらしいから振り回したら壊れそう。

 その話をお店でしたら私より上の人は笑ってくれたんだけど、下の子達は映画そのものを知らなかったりでいまいちだった……。

 そっか、皆あの映画知らんのか……。

 デパートとかでも雨が降り出したら流れると思うんだけど、やっぱ興味がないと知らないもんなのね。

 

 あの映画で一番有名なのは言わずもがな、雨の中でジーン・ケリーが歌うあのシーンだけど、個人的にはセットの脚立に登りながら歌うあのシーンも好きです。

 間にあるのは脚立なのにまるでロミオとジュリエットみたいに見えるのがすごい。間にあるのは脚立なのに。

 役者ってすごいね。歌ってすごいね。

 是非後輩ちゃん達にも見て欲しいわ。

緑の超人

関連画像

 

 

 インクレディブル・ハルク見たよー。

 アイアンマンに続いてハルクを視聴。

 正直ハルクって映画見るまで超人、ムキムキ、パワータイプ。ってふわっとすぎるイメージしかなかったです、はい。

 アメコミヒーローの中の、パワータイプ枠。みたいな。

 まぁ別に脳筋枠ってわけではなかったんですが。

 

 公開順。

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク](2008年)
アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
アベンジャーズ』(2012年)

アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)『アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3 / ソー: ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』(2018年公開予定
)『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)

アントマン2 / アントマン & ザ・ワスプ』(2018年公開予定)
『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
アベンジャーズ4』(2019年公開予定)

 

 簡単なあらすじ

 ブルース・バナー博士は軍の科学実験で放射能を浴び、その副作用で興奮すると身体が緑化し巨人化し「ハルク」に変身してしまう能力が備わってしまう。

 暴走する能力に危機感を覚え、体を元に戻す研究をしながらブルースはその能力を軍事利用しようと考えた恋人の父、ロス将軍率いる軍隊から身を隠しながら暮らしていた。

 協力者を得、科学的な透析で元の身体に戻ったと思われたが、ブルースの能力に魅せられたブロンスキーによって極悪性を秘めた第二の「ハルク」が生まれてしまった。

 

 感想。

 予告編をYouTubeで見てるときも思ったんですが、常人を超えた体型の存在が都会のビルの上を飛んだり跳ねたりするってなんかキングコング思い出す。

 戦闘シーンも普通に面白かったですよ。大振りな動きが圧倒的なパワーでねじ伏せてますって言う感じで。

 アイアンマンのトニーとはまた違った理由でブルースが戦いに身を投じるのも一つも魅力です。

 大切なたった一人の為に。ってのも良いよね。ハルクになっちゃうから恋人に手も出せないけど。

 トニーといえば。ラストに彼が登場します。

 ロス将軍に向かって「我々は仲間を集めている」的な事を言ってましたけど。「我々」ってことはつまりそういう事ですよね。アイアンマンのラストで勧誘されてましたし。

 

横浜は黄昏の枕詞。

 ちょっと時間が開いちゃったけど普通に元気です。

 

 今日突然店の方に兄がやってきた。

 丁度レジに入ってたんでレジ打ちしながら少し話してたんですが、なんか一人で横浜行くらしい。

 

 あれか。DeNAか。お前ロッテファンだろ。

 

 とかなんとか思いつつ、仕事用の靴下を買ってった兄を見送りながら取り敢えず頭の中で響き出した五木ひろしの歌声をどうしようか考えた。

 

 横浜って黄昏の枕詞だと思うんだ、飛ぶ鳥明日香みたいな。あ、因みに長崎は今日も雨だったの接頭語な。

 

 とまぁ。頭の中はおかしいですが、今日も元気です。

 

In the east my pleasure lies...