アリスに捧げる花冠。

   好きな時に好きなものを好きなだけ!

As you like, All thing in the world is yours...

緑の超人

関連画像

 

 

 インクレディブル・ハルク見たよー。

 アイアンマンに続いてハルクを視聴。

 正直ハルクって映画見るまで超人、ムキムキ、パワータイプ。ってふわっとすぎるイメージしかなかったです、はい。

 アメコミヒーローの中の、パワータイプ枠。みたいな。

 まぁ別に脳筋枠ってわけではなかったんですが。

 

 公開順。

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク](2008年)
アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
アベンジャーズ』(2012年)

アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)『アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3 / ソー: ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』(2018年公開予定
)『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)

アントマン2 / アントマン & ザ・ワスプ』(2018年公開予定)
『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
アベンジャーズ4』(2019年公開予定)

 

 簡単なあらすじ

 ブルース・バナー博士は軍の科学実験で放射能を浴び、その副作用で興奮すると身体が緑化し巨人化し「ハルク」に変身してしまう能力が備わってしまう。

 暴走する能力に危機感を覚え、体を元に戻す研究をしながらブルースはその能力を軍事利用しようと考えた恋人の父、ロス将軍率いる軍隊から身を隠しながら暮らしていた。

 協力者を得、科学的な透析で元の身体に戻ったと思われたが、ブルースの能力に魅せられたブロンスキーによって極悪性を秘めた第二の「ハルク」が生まれてしまった。

 

 感想。

 予告編をYouTubeで見てるときも思ったんですが、常人を超えた体型の存在が都会のビルの上を飛んだり跳ねたりするってなんかキングコング思い出す。

 戦闘シーンも普通に面白かったですよ。大振りな動きが圧倒的なパワーでねじ伏せてますって言う感じで。

 アイアンマンのトニーとはまた違った理由でブルースが戦いに身を投じるのも一つも魅力です。

 大切なたった一人の為に。ってのも良いよね。ハルクになっちゃうから恋人に手も出せないけど。

 トニーといえば。ラストに彼が登場します。

 ロス将軍に向かって「我々は仲間を集めている」的な事を言ってましたけど。「我々」ってことはつまりそういう事ですよね。アイアンマンのラストで勧誘されてましたし。

 

In the east my pleasure lies...