アリスに捧げる花冠。

   好きな時に好きなものを好きなだけ!

As you like, All thing in the world is yours...

なんか一人だけ世界観違う。

「マイティ・ソー 」の画像検索結果

 

 

宇宙規模神話大系。

 マーベル見始めて四作目にして一瞬手が止まった映画。

 神話がモデルで他のアベンジャーズと世界観が微妙に違うのは置いておくとして、タイトルが壮大なネタバレだなと。

 読み方変えてるだけで普通にトールだし北欧神話だし、北欧神話って言えば黒幕はきっとアイツだろうし……まぁめちゃくちゃおもしろかったんだけどね!!

 

公開順。

『アイアンマン』(2008年)
『インクレディブル・ハルク](2008年)
アイアンマン2』(2010年)
『マイティ・ソー』(2011年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
アベンジャーズ』(2012年)

アイアンマン3』(2013年)
『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』(2013年)
『キャプテン・アメリカ / ザ・ウィンター・ソルジャー』(2014年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
アントマン』(2015年)

『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』(2016年)
『ドクター・ストレンジ』(2017年)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)
スパイダーマン/ホームカミング』(2017年8月公開予定)
『マイティ・ソー3 / ソー: ラグナロク』(2017年10月公開予定)
『ブラック・パンサー』(2018年公開予定
)『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』(2018年公開予定)

アントマン2 / アントマン & ザ・ワスプ』(2018年公開予定)
『キャプテン・マーベル』(2019年公開予定)
アベンジャーズ4』(2019年公開予定)

 

 簡単なあらすじ。

 ソーはその傲慢な性格から父であり神界の王、オーディンによって人間界に追放されてしまう。

  天文物理学者であるジェーン達に保護されたソーは国家組織S.H.I.E.L.D.によって回収された自身の武器、ムジョルニア取り返す事を試みる。

 一方神界では自身の出自を知ったロキはある計画を実行するために動き出していた。

 

 感想。

 なんか普通に見入ってた。それぞれキャラが立ってて面白かったですよ。

 ソーはちょっと自信過剰な所もあったけどジェーン達と出会ってちょっとずつ変わっていく様子とか、どことなく小物臭いロキとか。

 あと振り回せば空も飛べちゃうムニョムニョすげぇ。

 ただ思ったのはソーの話、って言うよりアベンジャーズシリーズの裏側とでも言うのかS.H.I.E.L.D.の存在について少しだけ触れた話。って感じだった。

 アイアンマンの話でトニーを勧誘し、ハルクでもエンドロール後のエピソードでトニー自身もそのメンバーに属してるような振る舞いをしてみせた。

 その後のこれ。

 こういうことやってる組織ですよ~ていうのがほんのりわかって来ましたね。

 そしてラスト。セルビク博士の後ろからコズミックキューブを覗き込むロキ。ああ、間違いなくもうひと波乱ありますねこれは……。

 所であのシーン、博士とロキが全くおんなじこと言ってるとことはロキが博士に取り付いてるってこと?

 それとも作中でムニョムニョを持ち上げようとしてた時みたいに周りに気付かれない用にしてただけって事?

 この辺ソーが再登場するアベンジャーズで分かるんですかね?

In the east my pleasure lies...